ふぁそらキッチン

レシピには書いていない成功のカギ~お菓子作り、パン作り、料理~

【レシピ】おうちで作ろう基本のマカロン♪ おしゃれ女子に人気!

f:id:fasora555:20200224065054j:plain

こんにちはふぁそらです♪

砂糖と卵白とアーモンドの粉を混ぜ合わせて焼いたものにチョコレートなどを挟んだお菓子、カロン

ころんとしていて、色とりどりですっごく美味しそうですよね♪

できたてはカリッとしていて美味しいし、1日寝かせるとしっとりとチョコレートが馴染んでこれまた美味しいんですよね。

冷凍すれば日持ちもするので便利なお菓子ですね。

といっても冷凍する前になくなってしまいますがね(笑)

それだけ我が家でも人気のお菓子ですね。

10代女子はやっぱりマカロン好きなんでしょうね。

作り方はすごく難しいと言われていますが、私もそう思います。

今までに何十回と作ってきましたが、やっと最近これだというレシピと焼き方を習得したのでご紹介します。

あくまでふぁそら流なのでお使いのオーブンによっては違う焼き上がりになるかもしれません。

 

材料(24個分)

生地

卵白         80g

ラニュー糖     30g

アーモンドプードル 100g

純粉糖       130g

色粉(なくても可)   適量

材料は全部きっちり量ることをお勧めします。

卵白は冷凍してあったものでも大丈夫です。

ラニュー糖は上白糖で代用できますが、純粉糖はほかの砂糖での代用はできません。

しかも普通の粉糖はコーンスターチが含まれていますので仕上がりに差が出ます。

カロンは粉糖の量が多いお菓子なので、純粉糖を使うことをお勧めします。

アーモンドプードルは適切に保存されたなるべく新しいものを使いましょう。

古いものだとマカロナージュがうまくいきません。

ガナッシュ

チョコレート     80g

生クリーム      40g

生クリームは動物性のほうが味も風味も良いですが、植物性でも大丈夫です。

材料はこちらで揃います↑

作り方

下準備

材料は全部きっちり量っておきます。

f:id:fasora555:20200223112440j:plain

純粉糖は固まっている場合がありますので、ビニール袋に入れて麺棒でころころして固まりをなくしてからふるいにかけてください。

f:id:fasora555:20200223112542j:plain

アーモンドプードルと粉糖をあわせて泡だて器でぐるぐるしてください。

f:id:fasora555:20200223112900j:plain

絞り袋に丸口金をセットしておき高さのある入れ物にかぶせておきます。

f:id:fasora555:20190703160115j:plain

生地

ボールに入れた卵白を泡立てていきます。

f:id:fasora555:20200223113955j:plain

少し泡立ったところでグラニュー糖を入れてさらに泡立てます。

ボールを逆さまにしても落ちなくなるまで固く泡立てます。

f:id:fasora555:20200223114400j:plain

十分に泡立ったら色粉を入れて混ぜ合わせます。

f:id:fasora555:20200223114619j:plain

焼くと色が薄くなるのでここでは少し濃いかなというくらいに色付けしましょう。

ここに混ぜ合わせたアーモンドプードルと純粉糖を入れます。

f:id:fasora555:20200223114811j:plain
f:id:fasora555:20200223114847j:plain

最初は卵白と粉類を混ぜ合わせるように。

混ざったら今度はボールの側面に生地を押し付けて卵白を潰していきます。

この工程をマカロナージュと言います。

マカロナージュ

なんだかかっこいい名前ですね。

何度かマカロナージュしていくうちに生地が柔らかくなっていきます。

f:id:fasora555:20200223114957j:plain

マカロナージュはしすぎると再生しませんので慎重に行ってください。

出来上がりの目安は

ゴムベラですくった生地が落ちてから30秒~1分くらいで形が大体なくなっていくくらいです。

マカロナージュが足りなければもう一度マカロナージュすればよいので少し足りないかなくらいで絞り袋に入れるのが良いですね。

f:id:fasora555:20200223115107j:plain

絞り袋に入れたら絞っていきます。

f:id:fasora555:20200223115907j:plain

絞った直後は絞り跡がちょんと出ている状態ですが数分経つと消えてつやつやになります。

絞り跡がいつまでも消えないようならマカロナージュが足りないということです。

逆に絞った直後からだらーんと広がってしまうようならそれは失敗です。

焼いても厚さはなくねっちょりした食感になってしまいます。

同じ大きさに絞っていくのはなかなか難しいですが、下紙に〇を書いてその上にオーブンシートを敷いて絞っていくと均等になりやすいです。

この絞った生地を乾燥させます。

乾燥の目安は指で触ってみてくっつかなければOKです。

f:id:fasora555:20200223153418j:plain

乾燥している間にオーブンを190度に予熱しておきます。

乾燥が終わったらオーブンシートの下に段ボールを1枚敷きます。

これは下火の調整の為です。

天板を裏返して段ボールごと生地を乗せてオーブンに入れます。

f:id:fasora555:20200223153503j:plain

190度に予熱したオーブンを180度に下げて4,5分焼きます。

この間にピエが出てきます。ピエとはマカロンの特徴でもある生地の下のギザギザ?です。

4,5分経ってピエが出てきたら段ボールを抜き取って150度に下げて10分焼きます。

焼きあがったらシートのまま網の上に乗せて冷まします。

完全に冷めたらオーブンシートからはがします。

この時無理やりはがすと底がくっついてとれてしまいますので、そっとマカロンを回しながらはがすといいですね。

f:id:fasora555:20200223164747j:plain

ガナッシュ

生地を冷ましている間にガナッシュを作っていきます。

f:id:fasora555:20200223141851j:plain

耐熱容器にチョコレートと生クリームを入れ電子レンジで30秒ほど加熱します。

この時生クリームが突沸する恐れがありますので様子を見ながら慎重に行ってください。

加熱が終わったら混ぜてチョコレートを完全に溶かします。

絞りやすい固さになるまで冷ましてから絞り袋に入れます。

組み立て

カロンを片方ひっくり返してガナッシュを絞っていきます。

f:id:fasora555:20200223173624j:plain

ふたをして出来上がりです♪

チョコレートが柔らかい場合は冷蔵庫で固めるといいですね。

コツ

カロンの最大のコツはマカロナージュです。

ゴムベラですくった生地が落ちてから30秒~1分くらいで形が大体なくなっていくくらい。

これを守って絞りだしましょう。

f:id:fasora555:20200224064859j:plain

 翌日。

ガナッシュとマカロン生地がしっとりとなじんでとっても美味しそう!

見た目も可愛くてプレゼントにもいいですね♪

一口で食べられるラブリーマカロン

休日にゆっくり手作りマカロン。おしゃれ女子にピッタリ♪

甘い幸せをいかがですか?

 

明日は何を作ろっかな♪

ブログランキング・にほんブログ村へ