ふぁそらキッチン

レシピには書いていない成功のカギ~お菓子作り、パン作り、料理~

まだまだカクカク。もっと丸っこいのがいいんです。

f:id:fasora555:20191008192011j:plain

こんにちはふぁそらです♪

前回焼いた角食もカクカクだったので、生地量を5%減らして挑戦してみました。

結果は・・・

またしても失敗です。

5%減らしただけじゃダメだったんですね~。

生地量は

 

強力粉      350g → 332g

砂糖        20g →  19g

スキムミルク    12g →  11g

塩          5g → 4.5g

水        200g → 190g

ホシノ天然酵母生種 26g →24.5g

バター       15g →  14g

 

工程は前回と全く同じです。

f:id:fasora555:20191008194647j:plain
f:id:fasora555:20191008194731j:plain
f:id:fasora555:20191008194803j:plain

捏ね終わった生地です。

ホームベーカリーでなめらかになるまで捏ねます。

バターは柔らかくしておき捏ねはじめから10分後に投入します。

捏ね終わったら軽く丸めなおして表面がつるんとなるようにしてボールに入れます。

中央

1次発酵終了した生地です。

焼く前日の夜に捏ねて、寝るまで室温で発酵し寝るときにパンチを入れてから冷蔵庫に入れます。

翌朝起きたら再び室温に出して発酵の続きをします。

発酵に要した時間は計17時間程度です。

分割した生地です。

スケールできっちり量って2等分して、乾燥しないようにベンチタイム30分とります。

 

f:id:fasora555:20191008194854j:plain
f:id:fasora555:20191008194931j:plain
f:id:fasora555:20191008195011j:plain

 

ベンチタイムが終わって成形して型に詰めたところです。

成形はまず平たく手でつぶしてから麺棒で中心から上下左右斜め方向に4回伸ばしています。

生地の中の空気を抜くことを心がけています。

伸ばした生地は左右から真ん中を少し重ねて折って、下からくるくる巻いていきます。

型に入れた時はこんなに小さいのに本当に膨らむの??と毎回不安になりますが、これがちゃんと膨らむんですよね!

中央

2次発酵が終わったところです。室温で3時間ひたすら待ちます。

型の8分目くらいがいいのかなとは思うのですが、どうなんでしょうね?

 

焼きあがったところです。

前回よりは角が取れたけど、まだまだカクカクですね~。

理想は角が丸くて白い線が入っていてちょっと腰折れ気味のふわふわ~なパンです。

 

f:id:fasora555:20191009072154j:plain

断面はきめ細やかでふわふわ~な良い感じになりました♪

やっぱりホシノ天然酵母のパンはすごいですね。

焼いてる時の香りが芳醇すぎていつまでも嗅いでいたいくらい。

食べてみてもやっぱり美味しい!

小麦粉の中に秘めたる力を閉じ込めているようなその味は人を虜にしてしまいます。

 

f:id:fasora555:20191009072227j:plain

角食はサンドイッチに最適ですよね。

ホシノ天然酵母のパンは耳まで美味しいので切り落とさずに全部食べちゃいます。

あとはシンプルにトースターで焼いて食べたり、ピザトーストにしたり。

どんな食べ方でもやっぱり美味しい!

結局美味しければいいんですが、私は理想のパンが焼けるまでは角食を焼き続けます!

 

明日は何を作ろっかな♪

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村