ふぁそらキッチン

レシピには書いていない成功のカギ~お菓子作り、パン作り、料理~

作り置き♪~かぶの葉も使い切り~

f:id:fasora555:20190614074529j:plain

こんにちはふぁそらです♪

休みの日にせっせと作り置き料理を作っています。

最近はなんだか冷蔵庫に作り置き料理がないと不安になってしまいますね。なければないでどうにかなるんですけどね。

 

今回はかぶがスーパーで安く売っていたので葉っぱも使い切っちゃいました。

 

左上から時計回りに

 

高野豆腐の煮物

昆布でだしを取るというか昆布をいっぱい水につけてそのまま煮るんですけどね。

昆布の入った水にニンジンの乱切りを加えて昆布ごと火にかけ沸騰したら中弱火で5分煮ます。砂糖を適量入れ5分煮ます。酒を適量入れ5分煮ます。めんつゆ、しょうゆ等塩気の調味料を適量入れ味を調えたら戻した高野豆腐を入れ10分くらい煮ます。

 

今回は調味料を適当に入れたので量は量ってないですが、大事なのは調味料をいれる順番です。

薄味にするにしても甘じょっぱく濃い味にするにしても、煮物は砂糖から味をしみ込ませると角のないやさしい味になるんです。味がしかも染みやすいです。

これは以前アルバイトしていた居酒屋さんで教わりました。

 

ポテトサラダ

これはもうごくごく普通のポテトサラダです。私流でいうと、味付けはやっぱり砂糖から。本当に隠し味程度ですが、材料にパラパラと砂糖を少量まぶしてから味付けに入ります。ポテトサラダに砂糖なんて!という方もいらっしゃると思いますが、味がまろやかになってうまみが出ますよ。

マヨネーズ、塩コショウのほかに私は粒マスタードを入れます。この粒マスタードがいいんですよね~

 卵焼き

卵4個、牛乳50ml、塩こうじ大さじ1弱、砂糖小さじ1

私はいつもこの配合で作っています。塩こうじはほぼ卵焼きのためにだけ冷蔵庫に常備しています。私は甘めの卵焼きが好みなんですが、甘い卵焼きが嫌いな誰かのために甘さは控えめにしてるんですよね。

 

卵焼きつくりはあまり自信がないため詳細は記載しませんが、卵は常温に戻しておくのがいいと思います。

 

かぶの葉のバター炒め

これは朝ごはんにピッタリ!我が家では朝食に「卵かけご飯がいい」という娘たちのために毎日いろんなバリエーションの卵かけご飯を作っています。

そのなかでもこれはだいぶ上位に入るのではないでしょうか。

かぶの葉とバターとめんつゆ。このコラボレーションはたまんないですね。

作り方は簡単!

みじん切りにしたかぶの葉をバターで炒め、めんつゆで味付けするだけ。

これは大根の葉でも同じく作れますよ~。ちょっと濃いめに味付けするだけで

卵かけご飯にピッタリあうトッピングです!

 かぶの漬け物

今回買ったかぶはだいぶ大きめで3個で正味700gもありました。これを好きな大きさに切ってビニール袋に入れ、塩14g、ほんだし大さじ1をまぶして冷蔵庫で休ませます。

これはそのまま食べてもおいしかったですが、量が多かったので、途中でコチュジャンをプラスして味変して最後までおいしく食べました♪

 

 明日は何を作ろっかな♪