ふぁそらキッチン

レシピには書いていない成功のカギ~お菓子作り、パン作り、料理~

絶品!えびのトマトクリームパスタ♪ ケチャップで簡単に

f:id:fasora555:20200122183548j:plain

こんにちはふぁそらです♪

えびってどうしてあんなに美味しいの?

ぷりっぷりで軽快な歯ごたえ、それに上品な甘み。

エビフライやエビチリ、ガーリックシュリンプにお寿司やお刺身。

どれも美味しくて大好き♪

大きなえびだとさらにテンション上がりますよね。

そんなえびを使ってトマトクリームパスタを作ってみました。

 爽やかな酸味のあるトマトソースにコクとまろやかさのある生クリームを加えた濃厚なパスタ。

クリーミーなソースがよくパスタに絡んで絶品です。

今回はトマトソースをケチャップに替えて簡単に作ってみました。甘みがあるのでお子様にも大人気です。

酸味がお好きな方はケチャップをトマトソースに替えるといいですね。

材料(二人分)

えび      10尾

玉ねぎ       1/4個

にんにく     1片

生クリーム  150ml

ケチャップ    大3

パスタ    200g

塩こしょう    適量

パセリ      適量

生クリームは牛乳に変えても作ることはできます。その場合さっぱりした味になります。

ケチャップはお好みで大4くらい入れてもいいですね。

えびももっとたっぷり入れても美味しいでしょうね。

f:id:fasora555:20200122183844j:plain

作り方

下準備

えびは殻をむいて背中に切り込みを入れて背ワタを取ります。

塩を多めに振って手で軽くもんでから軽く洗ってキッチンペーパーで水気をとります。

にんにくはみじん切りにします。

玉ねぎは5ミリ幅にスライスします。

f:id:fasora555:20200122183830j:plain
f:id:fasora555:20200122183816j:plain
f:id:fasora555:20200122183802j:plain
f:id:fasora555:20200122183748j:plain

パスタを茹でて具材を炒めます

たっぷりのお湯でパスタを茹で始めます。

3リットルの水に塩は45g入れるのがいいそうです。

イタリアンの巨匠「落合シェフ」の本に書いてありました。

フライパンにオリーブオイルを熱しエビを投入して8割がた火を通して取り出します。

そのフライパンににんにくと玉ねぎを入れ炒めます。

玉ねぎに火が通ったら生クリームとケチャップを入れて沸騰させます。

塩こしょうをして味を調えます。

f:id:fasora555:20191204211301j:plain
f:id:fasora555:20200122183732j:plain
f:id:fasora555:20200122183716j:plain
f:id:fasora555:20200122183647j:plain

沸騰したらえびを戻し入れて火を通します。

パスタが茹であがったらフライパンに入れて和えます。

f:id:fasora555:20200122183633j:plain
f:id:fasora555:20200122183618j:plain
f:id:fasora555:20200122183601j:plain

お皿にきれいに盛って出来上がり!

パセリを散らすとより美味しそうに見えますね。

f:id:fasora555:20200122203600j:plain

大き目のお皿に余裕をもって盛り付けるとお店みたいになりますね。

パセリもお皿の余白に散らしてSNS映えしましょう。

 

パスタ基本はほぼ落合シェフから学びました。

落合シェフの大ファンなので本を読み漁って勉強しました。

 

パスタやイタリアンの基本からとっても詳しく書いてあるのでお勧めです。

ちなみに今欲しい本はこれ

 

すごく洗練されたシャープなデザートの表紙が気に入りました。

こういうの作ってみたい!

私の創作意欲を駆り立てるビジュアルですね。

美味しそうなもの、きれいなもの、そういったものに目がないのです。

インスタグラムで常に新しい食べ物を探求し、気になったものは作ってみる。

この作業が楽しいですね♪

美味しいものを常に食べたい。

お腹がいっぱいにならなければいつまでも食べていられるのになと思うことがよくあります(^^;

さいころからの食いしん坊は年をとっても直りませんね(笑)

明日は何を作ろっかな♪

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村